お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【豆知識】ブラインドってどうなの?

【豆知識】ブラインドってどうなの?

家づくりをしていく中で、こだわりたくなるインテリア。

今回は、そんなインテリアに関係するブラインドについてのプチ情報をお届け。

ブラインドは、外からの光や視線などの悩みを解決し、使い方次第で、お部屋をよりオシャレに演出してくれる優れもの。

大きく分けてヨコ型とタテ型があり、素材も役割も様々です。

ヨコ型は、アルミ製・プラスチック製・木製があり、上下の光調整に役立ちます。

腰窓や、細長い窓といった部分に取り付けられることが多く、タテ型より素材の種類が豊富なので、お好みにあったタイプが選べます。

木製タイプのものは、アルミ製やプラスチック製に比べ、静電気がおこりにくいので、ホコリが溜まりにくく、お掃除が簡単!

その上、木の色合いが落ち着きのある癒しの空間を演出してくれます。

横型木製ブラインド

タテ型は、生地タイプ・木製タイプがあり、左右の光調整に役立ちます。

腰窓や出窓などの背の低い窓より、大きな背の高い窓につけることで、タテのラインがより強調され、スタイリッシュな印象になり、お部屋を広く見せてくれます。

ヨコ型に比べたら、素材の種類が少ないですが、タテ型には生地タイプのものがあり、色も豊富なんです。

縦型ブラインド

 

お部屋をオシャレに演出してくれるブラインド。

なんですが・・・それぞれにデメリットも。。。。

例えば、ヨコ型。

・ルーバーの羽が水平ラインにあるので、タテ型よりホコリが溜まりやすい。

・プラスチック製のタイプは、紫外線による劣化で掃除などの際にポキッと折れてしまうこともあります。

・よく出入りする掃き出し窓(よく出入りに使う窓)に取付けた場合は、出入りの度に、上下開閉が面倒といったことにも。

タテ型の場合。

・人が通ったり、窓を開けて風を取り込む時に、ルーバーの羽のパタパタという音がする。

・羽の向きがあっちこっちに乱れがちになる。

ヨコ・タテ共通では、ブラインドは全開にすると外から丸見えに。

そして、カーテンよりもお値段は少々上がります。

ですので、実際に付けて生活してみたら、「失敗した~」なんてことにならないように、

ブラインドのある生活を想像し、掃除の手間や、ルーバーの音は気にならないのか?

また、上下開閉の動作を頻繁にする場所なのか?

など、こだわりたいインテリアの部分と実生活との、バランスを考えた上での取付をオススメします。

それぞれの種類や、より詳しいメリット・デメリットが知りたい!という方は、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから

個別相談はこちら

お知らせ

お知らせ一覧