大切なポイント

「子供の人数も増え、アパートは手狭になったし…騒音など気にすることなく、子どもがのびのび遊べるマイホームが欲しいな」等のきっかけから始まる家づくり。
ですが、家づくりは一生に一度あるかないかの大きな買い物。
何から始めればいいの?
そもそも、自分たちはどれくらいの金額で家を建てられるのだろう?と考え始められる方が多いのではないでしょうか?

月々の支払い、いくらで考えてますか?

今のアパートの家賃が共益費や駐車場代を入れて8万円台だし、同じくらいの金額で住宅ローンを組めば、私にも家が買えるかも!と、ほとんどの方は、今の家賃をベースとして考えられる事が多いです。

例えば、8万円で毎月住宅ローンの支払いをしよう!と決めた時、返済年数35年で総額いくらになるのか…
8万円×12か月(1年)= 96万円(※ボーナス払いなしの場合)
96万円×35年 = 3,360万円 と、単純計算でいくと、3,360万円という金額がざっくりでてきますね。

この金額で土地と建物の費用を振り分けて考えれば、1,000万円の土地を買っても、2,360万円も家にかけられるから、理想の大きな家でも建てられそう!と考えがちですが、家づくりにかかる費用は、建物と土地だけではないのです。

では、建物と土地の他に家づくりでどんな費用が必要なのか見てみましょう!

まずは家づくりで必要な総費用をしっかり把握しましょう!

家づくりには、家の費用(本体工事費)と土地以外にも、カーポートなどの外構工事や、水道の設備などに関する付帯工事費、税金や銀行さんとの手続きの諸費用など、たくさんのお金が必要になってきます。

例えば車を購入する際も、車本体代金以外にオプションや税金などの費用が必要となり、100万円の車を手に入れるのに、130万円も150万円もかかった…なんてお話がよくありますよね。

家づくりでも同じように、家本体以外にも、下記の図の付帯工事や諸費用という費用が必要になります。

本体工事費70~80%付帯工事10~15%諸費用5~10%

このような言葉は聞いたことあるけど、各項目いくらずつ必要なの?と明確な金額を知らない方が多く、漠然と資金面への不安がつのるのです。

最近では、ネットでシミュレーションを簡単に出来るようになっているので、そういったもので、大まかな金額を把握するには十分かとは思います。

しかし、本格的に家づくりを始める方は、全ての項目においていくらかかり、総額でいくら必要になるのかをしっかり把握しておかないと、自分達が考えていた予算とは全く違う金額に慌てることになります。

ちなみに、付帯工事や諸費用の内訳は、住宅会社によっても違うので、どの会社に行かれても、必ず確認しておきましょう!

住宅ローンの金利等もお忘れなく!

「家本体と土地の費用だけでなく、付帯工事と諸費用も全部込みで、総予算を出したからもう安心!?
これで月8万円の返済でOK!?」

ちょっと待って!

上記で計算したように、ざっくりな金額を算出して、その金額の中に付帯工事も諸費用も入れられても、住宅ローンをご利用の場合、月々の返済金額には、金利が上乗せされることをお忘れなく!

なので、例えば3,360万円の借入をすると決めていたとして、借入期間35年・ボーナス払いなし・金利0.8%で契約した場合、総借入金額は3,854万円になり、月々の支払い金額は9.2万円になります。

何も知らずに契約してしまうと、「8万円の支払いが9.2万円の支払いに!」なんてことになり、上乗せになった1.2万円はどこから出そう…と悩むことになりますよ。
そして、ローンを借入する会社や、期間等、何を選択するかによって金額は大幅に変わってくるので、確認が必要です。

さらに!今だけでなく、将来も見据えた安心の金額を知ること

大切なのは生活とのバランス

長く安心して暮らすためには、無理のない予算で家をつくることが肝心です!

無理のない予算とは、家づくりにかかる総費用だけでなく、生活費・教育・趣味・貯蓄・老後のことまでもすべて考えた上で、

  • 毎月どれくらいなら、無理なくローンの返済ができる?
  • 今ある貯金から、頭金をどのくらい出しても安心?

などを明確にし、これから暮らしていく新しい家での生活が安心して送れる、適正な予算のことです。

細かく予算を出して考えるのは、正直面倒と思われるかもしれませんが、

  • 生活スタイル
  • 教育にかける費用
  • 食費や光熱費
  • 毎月の貯金額
  • 趣味や旅行にかける費用
  • 老後の生活に対する考え etc…

各家庭、考え方や金額は全く違うので、必ずご自身の家庭で実際に必要になる金額を洗いだして下さい。
※すでに家を建てた知人や友人のお話を目安に考えるのはNG!です。

「知ってるつもり」はNG!しっかり相談することが成功への道!

多くの人にとって、初めての家づくり。
知ってるつもり!と進めていくうちに、「知らないこと」「分からないこと」がたくさん出てきます。

特に、お金のことは他人にさらけだすのも抵抗があるし…と正直聞きづらいこともあるかと思いますが、家づくりのプロである住宅会社に相談し、これで大丈夫!と思える根拠を持つことで、不安が安心に変わり、結果、後悔のない家づくりにつながります。

聞いて安心!知って安心!資金計画で不安ゼロに!

①ハッピーホームでは付帯工事・諸費用すべてコミコミの価格提示!

ハッピーホームでは、家づくりに必要な費用をすべてコミコミの価格にて提示!
また、建築中に必要になる地鎮祭や上棟式の費用、引っ越しにかかる費用や、家具を新調する場合の費用なども事前に予定しておくので、後から予定外のお金が必要になるという心配がありません。

②失敗しない住宅ローンの選び方が分かる!

住宅ローンは、マイホームという夢を叶えるための素敵な道具ですが、扱い方を間違えると大変危険なものです。しかし、住宅ローンを借入する銀行さんをどこにするか、何社か銀行を回って調べるのはなかなかの労力が必要です。

しかも、銀行さんは土日が休みな為、平日お仕事をされている方は相談へ行く時間もない…。

ハッピーホームでは、これまで810組以上を超えるたくさんのお客様との相談の経験を活かし、たくさんある住宅ローンの種類の中から、お客様に合った安心の選択をしていただけるように、最新の情報をお伝えします。

③希望の暮らしを丁寧にヒアリングするのでご家族にあった適正な予算が分かる!

家づくりにかかる総費用・借入をする銀行さんの話と並行し、お客様の現在から将来予想される支出を丁寧にヒアリングし、家を建てた後も安心して暮らしていける適正な予算を算出します。

自分たちにあった無理のない計画が立てられるので、家族みんなが納得!安心!な家づくりを進めていけるようになります。

お客様の声

相談したことで、バランスの整った資金計画ができ、もしもの時の不安も安心に変わりました!

家づくりに関する雑誌や、他社では教えてくれなかった経費の内訳など、詳しい内容を教えていただき、さらに今の生活から、建てた家で暮らすことでの生活の変化を予測した上で、例えば妻がパート働きになった場合などまでをも予測した収入と支出のバランスなど必要なお金の話などを何度も打ち合わせしていただきました。
納得いくまで話を聞いていただきアドバイスいただけたことで、「自分たちにも出来る!」と確信に変わったことで、家づくりがどんどん楽しくなっていきました。

家づくりを考え始めた当初は、家は大きい方が良い!少し無理してでも頑張って支払いすればいい!と思っていましたが、同時に頭の片隅では本当に大丈夫なんだろうか?と不安も感じていました。
ですが、資金計画をしていただいたことで、自分たちが無理なく払える根拠ある金額がわかり、安心で満足できる家や土地を見直すことができました。

ハッピーホームさんに相談していなかったら、ずっと支払いに対しての不安を抱えたまま、趣味の旅行に使えるお金もなく、必死で仕事をしなくてはいけない状況に陥っていたと思うとゾッとします。

保育士がいます。小さいお子様もご一緒にどうぞ。

お約束

私たちは、「安心」と「しあわせ」を感じるゆとりある空間を持つ住まい余裕のある資金計画で実現するお手伝いをさせていただいております。
家はどこの会社で建てていただいても自由です。
ゆとりを持って家族仲良く暮らすための家づくりをしていただくための、一つの方法としてご活用いただければ幸いです。

参考プランと価格を見る
ハッピーホームが建てた家を見る