Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. キッチン
  4. コーディネートのご参考に☆キッチンカラー編
キッチンカラー

コーディネートのご参考に☆キッチンカラー編

大好きな色を選んだけど、
他の家具や壁紙と合わなかった…」という
失敗パターンにならないように、
色のもたらす効果や、
どんな組み合わせをすれば上手にまとまるのか、
いくつかの色パターンをまとめてみました。

壁・天井・家具・家電製品の色との調和を考えながら、
「これ!」という色を見つける参考にしてみてください。

【ブルー系】

ブルーキッチン
クールで引き締まった印象を受け、
爽やかさを演出。

あわい寒色系は色が溶け込むので、
部屋を広く見せることもできます。
床や壁も比較的クールなイメージのホワイトやグレーを使うと、
上手にまとまります。

また、
キッチンのまわりに置く家電や小物は、
金属製のもの(銀色のもの)が良く似合いオシャレ度UPします。

【ブラック系】

ブラックキッチン
モダンでクールなイメージを引き立て、
モノトーンの空間はどんな色を足しても調和しやすいという特徴あり。

ホワイトとブラックのモノトーンで、
床や壁をコーディネートすれば、
赤や黄色など、
他の色をカーテンや家具にもってきても、
アクセントカラーとしてきわだちます。

観葉植物などで緑を取り入れるのもいいですね。

高級感・重厚感を出すなら、
濃い木の色のフローリングや建具が相性◎
上品で優美な空間を作れます。

ブラックキッチン

【ホワイト系】

ホワイトキッチン
特に邪魔をしない色なので、
空間全体をすっきりとまとめ上げる効果があり、
部屋を広く見せてくれる効果もあります。

床や壁は、
どんな色でも合いますが、
部屋全体をまとまった印象にするには、
壁・天井・床・キッチンを3色以内でおさえるのがオススメです。

ホワイトは汚れが目立ちやすいというデメリットもあるので、
予め汚れやすそうと思う所には、
色付のものを取り入れておくのもオススメです。

【レッド系】

レッドキッチン
暖かみのある色ですが、
自己主張が強くて扱いも難しい色でもあるため、
狭いキッチンの場合は、
圧迫感が生まれ、
落ち着かない空間になってしまうことも…。

広範囲に使用ではなく、
ワンポイントの配色としての使い方がベスト!

壁や床は、
濃い色だと全体に重苦しい感じになるので、
白やグレイッシュ(灰色を含んだカラー)、
または、うすめの茶色がオススメです。

キッチン単体だけで考えるのではなく、
全体バランスを考えたコーディネートで、
ぜひ、
あなただけのお好み空間を作ってみてください。

イベント情報

施工事例

お客様の声

関連記事